ETCカード機能付きクレジットカードのメリットとは?

インターネットのサイトで買い物をする際に現金を使わずにオンラインで決済する方法をネット決済と言います。
決済の手段は何通りかありますが、ジャストペイド方式のデビットカードでも利用できます。
利用者は出かけなくても自分の都合の良いときなら昼夜を問わずに買い物ができるところが利点です。
販売店は都合の良いときにサイトを更新すれば良く帳簿をつけなくてもWEB上に記録が残っているので管理がしやすいです。
一見するととても便利な支払い方法なのですが不正入手したデーターで「なりすまし決済」に悪用されることもあります。
ETCカードつきのクレジットカードはショッピングの支払い時などに財布から現金を・・という手間無く支払いが出来るのであるととてもめちゃくちゃべんり♪なカードです。
また、ショッピング時だけでなく電気・ガス・水道もETCカードつきのクレジットカードを使って支払いが可能です。
カードを使用してこれらの料金を支払うとカードのポイントが知らず知らずの内に沢山貯まっている事もありポイントの為に支払いをクレジット指定にする人もいます。
ところが、クレジット指定にすると口座振替とは違い月の割引が無くなる事があります。
日本では数多くの(もしカーオーナーであれば)ETCつきクレカが存在しており日常生活に浸透していますがそのほとんどに国際ブランドのロゴが印刷されています。
入手が困難なDinersClibもありますがVISAやMasterCard、JCBは一般人でも手軽に持つことができ国際的に使用することができる心強いアイテムです。
三井住友は日本で最初にVISAと提携した企業だからテレビから流れるCMでも有名で名前は聞いたことがあると思います。
MasterCardはVISAと同様に世界中で利用することができ消費者金融のアコムと提携していることでも知られています。
JCBは日本発のカードなので国内では加盟店が多いのですが渡航先によっては使えない事がありますので注意して下さい。