親子リレーローンって結構しんどいけど大丈夫なのかな

マイホームを購入する際は頭金が必要です。

頭金は一切かかりません!と言った広告も目にしますが、頭金がなくても確かに購入は可能でしょう。

しかし、頭金がないと月々の返済額が多くなります。

月々の支払いを少なくしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。

頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。

今後、自分の家を建てるために準備されている方で家族からの援助を受けてローンを返済していく方は、もしも贈与税が発生した場合に備えて確認しておきましょう。

親などから貰うお金が高額の場合にかかる税金で、例として自分の両親から住宅のためにと110万円のお金を受けた時に、約10%を税金として支払う義務があるのです。

110万円以下であれば、税金はかかりません。

またふとした時に親族からお金をもらう場合もあるので、滞りなく返済を済ませるためにいくつかケースを考えましょう。

税金についてもう少し、調べておくと良いですね。

長年住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。

その様な事があったら、是非繰り上げ返済を検討して下さい。

繰り上げ返済はいつもの支払いとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。

繰り上げ返済をする事により、ローン元金を減らす事が出来ますので、借入額をさらに減らす事ができます。

元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。

繰り上げ返済をする時は無料な所と手数料がかかる銀行があります。

人生で最も高い買い物といっても過言ではない、大事な住宅ローンをどんな点に注意して選びましたか。

将来に備えてお金を借りる銀行を探し中の方も、口コミが他の情報よりも分りやすく参考になる事があります。

近年、注目を集めているのは新生銀行なのをご存知ですか。

その人気の理由は、何よりも金利の安さにあります。

保証料や失病保障などの手数料もかからず、今月中に申込みをされると特典もあります。

とは言っても良い評判だけでないのが事実でもあります。

直接、店舗に行って話を聞いてみるとのいいですね。

住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。

ローン金利はだいたい大きく分けて固定金利・変動金利があります。

どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。

基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。

また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。

といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。

どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。

マイホーム購入資金の調達として頼りになるのが住宅ローンだと思います。

申請方法はとても簡単で近場にある銀行や信用金庫などからでも可能ですしネットバンキングでも良いでしょう。

なおかつ、お世話になる不動産に紹介される銀行等に決めるという方法もあり、自分の都合に合わせて調達できます。

申し込み後、審査が通り、実際の支払に移行した場合約10年に渡り、国から控除が受けられます。

その場合は、年末調整ではなく自分で行う確定申告で申告する必要があります。

半分も住宅ローンを返せていない中で離婚する夫婦は、どちらが残りの返済をするようになるのでしょうか。

中でもまだ未成年のお子さんがいる方の場合、夫婦としては別れても子供を養う責任があります。

引用:親子リレーローンとは?メリット・デメリットは?【フラット35審査】

まずは不動産の名義人は誰なのか、契約内容もしっかりと確認し、後で問題が起こらないよう夫婦でしっかり話し合いをしましょう。

不要になった住宅を売却しお金に変える場合、残念ながら販売価格がローンを下回る結果になると、どちらかが残りの返済を迫られることになります。

こうした場合も考慮して検討してみてはいかがでしょうか。

住宅ローンを返している途中にもし、失業するような事があれば今後の返済はどうなってしまうのでしょうか。

問題が起こっても事前に対処出来るようにしておきましょう。

まずは、焦らずに自分が今置かれている状況を把握しましょう。

会社側の都合で辞めることになったのか、それとも自分なのか?この理由によって退職した場合の給付金が変わるからです。

勤め先の事業で辞めた場合は、一年間分の手当てが出るのでもう一度職場探しをしながら残りを返済に充てると良いでしょう。

但し一回でも延滞してしまうと、続けられなくなるので優先順位を考えて行動するようにしましょう。

今後、自分のマイホームを購入される予定の方は借入れ以外に、火災保険の加入を勧められるでしょう。

ひと月で見積もってもかなりのお金がかかるのに、なぜまた保険料も求められるのかと思う方もいるでしょう。

けれども、災害や家事などで家を失ってしまった場合に月々の支払いを安くするために申請しなければ、どんな理由であれ請求されることになります。

何かあっても問題を解決できるように、申込みをしておけば契約者であるあなたはもちろん、お金を貸した側も便利なのです。

ですので、万が一に備えてしっかり申請しておく必要があります。

マイホームの為に思い切って住宅ローンを申込みしたけど、金融機関の審査で落ちた方は少なくないのです。

どうしても理由が分らないという方は確認しましょう。

貴方の年収が400万円以下だと厳しいかもしれません。

他にも勤続年数が3年未満の方や、健康状態も判断されます。

今までに納金出来なかったデータが残っている方は、信用に欠ける人と判断されてしまい難しいでしょう。

全て確認して条件を満たしているという方は、今一度カード会社に記録を確認するなど徹底しましょう。

何事もなく借入れをするためにきちんと調べておきましょう。